ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ2 | 裏情報を暴露!

楽して稼ぐ方法を暴露!マジであるんです!

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ2

◆大使館日本には数多くの国の大使館があります。大使館といえば、その国の政府的な役割をしていて、亡命や出入国、日本で犯罪を犯してしまった人への対処などが一般に広く知られています。大使館なんて自分には関係のない所と考えてしまいがちです。例え、フランスやイタリアの製品に興味があるという人でも、雑誌やインターネットで商品を探そうとする人がほとんどで、大使館なんて商売とは無縁だと思っている人もいると思いますが実は違うのです。

大使館は外交だけではなく、貿易も大切な役目なのです。自分の国の産業や商品を日本に紹介して、自分の国の企業と日本の企業との仲介役となることも重要な役割なのです。
各国の大使館に行くと、その国の企業で日本と取引がしたい企業を紹介したり、どのように貿易の相手を見つけたらいいかなどの情報をくれます。どこの国でも、貿易課のような部署があります。相談すれば、いろいろと親切に教えてくれるでしょう。また、実際に取引をする際も大使館が間に入っているので安心です。また、日本で行われている見本市は大使館が主催するものが多いので、見本市の開催日程などを知りたいときは大使館に連絡をとってください。

世界でもっとも見本市を開催するといわれるドイツも日本で積極的に見本市を開催しています。各国の見本市に参加すること大変役に立つと思います。大使館以外にも、各国の貿易や輸入の振興団体がありますが、これらも大使館が窓口になってくれます。

◆買い付けアルバイト相変わらず、プレミアム・プライス(日本正規販売価格以上での販売)がまかり通るルイヴィトン、エルメス、シャネルなどの超高級ブランドのアイテム。どうしてこんなに高くなってしまうのかご存知ですか?一部の業者を除くほとんどの販売業者は、ヨーロッパでアルバイトを雇って品物をかき集めています。買った人にアルバイト代を払って、買子を組織しているボス(中にはアブない組織と繋がりがあるというウワサも…)がたんまり儲けた上で日本に出荷する、それらのマージンをすべてお客さんが負担させられているわけです。パリのブランド・ブティックの店員さんは愛想が悪いなどといった話は良く聞かれる話です。こういった買付け部隊が砂糖に群がる蟻さながらに毎日のように大挙して押しかけて来ると、余程人間のできた店員さんだったとしても、ホトホト嫌になるのは想像にするまでも無い事です。また、本当にそのブランドが好きで買物に訪れているお客さんにとってもおおいに迷惑なことだと言えるでしょう。もちろん、そういった組織の攻撃(?)に対してブランド・ブティックもムザムザと手をこまねいている訳ではなく、たとえばルイヴィトンの場合は、自衛策として一人のお客さんにはバッグは1つしか販売しませんし、400ユーロを超える買物では絶対に現金は受け取りません。筆者も、ルイヴィトンの店の前で、中国人らしきオバチャン(ルイヴィトンなどとは縁の無さそうな身なりをしている!)に英語で声を掛けられて、現金を渡すからカードで買物をしてくれないか、といった相談を受けた事があります。

日本のアルバイト雑誌にもこれらの買い付けに関しての記載を見かけますし、パリで発行されているアルバイト雑誌にも驚くことに記載されているのです。しかし、安全な業者と契約できれば安く、海外旅行をすることができます。(格安旅券)

◆アウトレット・モールブランド販売として、個人的にも絶対チェックの場所といえば「アウトレット・モール」。

ただ、「アウトレット・モール」というと、その発祥(?)がアメリカと思ってしまうような意識があるせいか、ヨーロッパで「アウトレット」といってもイマいちピンときません。しかし日本でも吹き荒れたアウトレット旋風は、やっぱりヨーロッパでも吹いていて、パリの郊外に「ラ・ヴァレ(La Vallee」という超巨大アウトレット・モールがあります。
一般的にアウトレットといえば、昨シーズン以前のアイテムや、ちょっぴり難有りの品物が30~60%引きで販売されているのが通常ですが、最近ではリリース直後間もないモノや、別注モノなんか(特にNIKE!)も涼しい顔して混じっていたりするので、コレはチェックしないで見逃すテはありません。
この「ラ・ヴァレ(La Vallee」、出来てから日が浅いので、まだまだ出店しているブランドも決して多いとは言えませんが、現在40店、そして最終的には77件のお店がオープンする予定になっています。訪れた時にも、ランセルやカンペール、ラルフローレンといったお店の近日オープンの看板が上がっていました。値段のリーズナブルさや、掘り出し物がゲット出来るカモ?というのは、もちろん言うまでも無い事ですが恐らく旅行者にとって一番ありがたい点が日曜日も開いていること。パリ市内では日曜日は、一部のおみやげ屋サンを除いては、すべてのお店が閉まっていますので、そう言った意味でも “使えるスポット”と言えそうです。前述の通り、これからお店がドンドンオープンする予定ですので「ヴァル・ド・ヨーロップ(Val d'Europe)」と合わせて、気おつけておきたいスポットになるかもですね。また、たまに見かける工場横流し品というものがありますが「工場横流し品」とは、正規代理店を通さず製造工場から不正に出荷された商品のことを指します。代理店を通さないため、粗利を多く取ることが出来るので比較的安い値段で販売されているようです。
素材という点で見れば本物ではありますが、ブランドの商標や知的財産権を侵害した立派な違法商品であり、法的に偽物となります。

◆見本市ヨーロッパのファッション産業の企画・生産・販売システムは、年2回のコレクションの発表にもとづいて展開されています。その新しいコレクションの発表・営業の場として、パリ、ミラノやフィレンツエを中心に開催される各種見本市及び、ファッションショー等が存在しているわけです。中小企業が多く、個々の企業独自で営業・市場開拓を行うことが難しいヨーロッパのファッションメーカーにおいては、多くの同業者が一つの会場に集い、世界各地からのバイヤーと直接出会う見本市の存在は参加各社の営業活動の成否を決定する最も重要な機会とされています。もちろんファッションショーの開催中はニュース、新聞雑誌等に取り上げられる事からも、各国のバイヤーや報道関係者そして一般の人々に至るまでその人気ぶりは伺えますが、「見本市」の方も中々侮れたモノではなく、開催期間中は会場周辺のホテルは全て満室といってもいい程の盛況ぶり。予約が遅れてホテルが取れないなんて事になると、トンでもなく遠いところから通うハメになってしまうことも。フランス、イタリアで行われるファッション関係の見本市をご紹介しておきますので参考にしてみて下さい。

日本でも年間にたくさんの見本市が開催されます。ジェトロなどに登録しますとホームページや郵便で届く会報紙にいろいろな情報が載っています。登録は無料で行えます。海外でも日本でも言えることだと思いますが、法人でなくて個人でも出店企業との取引はできますので、心配することはありません。

各国フランス ジェトロ (日本貿易振興会)ドイツ http://www.hannovermesse.co.jp/ (日本語) フランス (日本語) 日本

◆香港香港には「大南街という、銀座くらいの規模がある街に素材だけ専門に扱うお店や、金具だけを扱うお店が、びっしりと軒を連ねていて、本当に一日では見切れない程の数があります。

?その規模は本当にアジア最大と言ってもいい程です。

?来年の傾向をつかんだり、海外のデザイナーなどとも意見を交換し、情報収集を行うには最適な場所だといえます。また、時計に関して言えば“世界中のロレックスの半分は香港に集まっているんじゃないの?”と思ってしまうほど香港にはヨーロッパから物が集まってきます。

?ロレックス・デイトナなんかのレア物を探しているときは香港が最適です。何しろヨーロッパ中を探しまわっても見つからないレアアイテムが、香港へ行くと平気な顔をして店頭 に並んでたりします。狭いエリアに集まった時計・宝飾店の数ときたら、間違いなく世界一ですが、この周辺を歩き回っているとショーケースの中のあまりのギラギラ具合(大ゲサ)と、一般人の常識では考えられないようなプライス・タグの金額のケタ違い具合に思わずビックリてしまいます。

?また、香港島のセントラルは香港最大のビジネス街で銀行が集中しており、行政や経済の中心地です。グッチ、シャネルディオールなど世界の高級ブランドが店を構え「世界のショーウインドー」と言われ、ブランドショップを集めた巨大ショッピングセンターであるザ・ランドマークがショッピングエリアとして有名です。また、同じ香港島にあるコーズウエイベイはセントラルと並ぶショッピングゾーン。現地の人や日本の旅行者がもっとも多く集まる庶民的な街で渋谷のような雰囲気です。地場の百貨店や、U2のようなカジュアルブテイックなど香港ブランドを結集した香港屈指のショッピングゾーンのタイムズ スクエアに加えて、そごう、三越などの日系百貨店があり、古い市街と新しいショッピングモールなどが一体化している。若いデザイナーのショップが多く、新しい流行の発信源の地域ともなっている。

一方、97年に一流ブランドのショッピングセンターのリーガーデンズがオープンして以来高級ブランドの愛好者も多く訪れています。私のオススメとしてはジェントホテルのアーケードにあるヴィトンです。なぜかお客さんの数が異常に少ない。商品もいっぱいあって、なによりゆっくり買物できるのが魅力です。店員さんの応対も良かったです。そして、香港と言えば年2回(冬と夏)のバーゲンです。

香港のバーゲンは中途半端じゃありません日本でありがちな売れるものや、ブランド品は対象外なんてことはありません。グッチやプラダ、フェラガモ、アルマーニ・・・など有名ブランドがびっくりするような安さになります。半額なんてことも珍しくありません。この時期は世界中から観光客やバイヤーが訪れて、もの凄い賑わいです。また、話が少しずれますが以前に香港の免税店でシャネルのショルダーバッグを購入したのですがよく調べてみると偽物でした。また、韓国やオーストラリアの免税店で購入した人も免税店ということで安心して購入したけど偽物であったそうです。この事をお付き合いのある質屋さんに聞いたところ、免税店で購入した商品が偽物であるということは珍しくないようですので気をつけてください。

?私が本格的にオークションでの商品の販売を始めた頃に香港にパソコンとデジタルカメラを持って行き、ブランド品などを買ってはすぐにオークションに出品して現金化していました。まだ、どこからも融資を受けることができない段階だったので、クレジットカードを使いました。クレジットカードを使用すれば、支払いは後になるので手元にまとまったお金がなくても大丈夫です。また、配送に関しても、日本の配送業者が日本語で対応してくれるので安全です。インターネットを行う環境も整っていますしみずほ銀行のエムタウン支店などに口座を持っていれば、世界の主要都市でお金の管理ができます。

?日本の半額近い値段で売られている商品を直営店で購入して、すぐにオークションに出せるのですからインターネットは大変便利だと思いました。私はあまりお金がなかったので、最初のころはこの方法で旅費などを稼ぎながら、香港や台湾、韓国、中国などを廻っていました。

◆中国中国はWTO加盟により世界貿易で先進国と同じ立場に立ちましたた。以前はアジアをリードしていたのは香港でしたが、現在では中国に変わりつつあります。?香港のブランドショップも以前の日本人観光客ご用達から今では中国人が大切な顧客と変化しています。中国の国内にあるブランドショップの売り上げも、関税が30%くらい係り、香港の値段と比較しても高いにもかかわらず売り上げがのびています。ブランドショップについては、あまり日本と価格は変わらない感じです。消費税分だけ得という感じです。日本人のバイヤーなどはほとんどいません。商品については在庫が豊富ですし、エルメスなどはバーキンの取り寄せに応じていたのは中国だけという時もありました。購入制限もない様です。私が北京のヴィトン(王府飯店という最高級ホテルの中にあります)訪れた時は、新作を中心に揃えていました。

?比率はヴェルニ、ダミエモノグラムがほぼ同じくらいですので、モノグラムの品揃えが少ないのかと思いましたが、カタログを見て「ありますか?」というと奥からたくさん出てきました。

アメリカと同様に、日本で品切れの人気商品プレミア商品が手に入ると思います。上海、大連あたりのショップがいいと思います。偽ブランド事情については、偽ブランド商品の製造は組織化、専門化、ハイテク化の傾向にあり、生産・販売過程が迅速化、地域も分散化しつつある。偽ブランド商品の小売価格は本物の商品価格と大差なく、詐欺性や危険性も高くなっています。中国はWTO加盟により、EU加盟諸国の知的財産権を守らなければならないので偽物の取り締まりを積極的に行っていますが、ロシアやトルコ、東南アジアなど各地に輸出されているのが実情です。

EU加盟諸国の有名ブランドは他の国に比べて高価ですが、それ以外の商品は驚くほどの安さです。上海には外資系スーパーセンターがあります。商品の価格は驚くほどの安さです。物価が安いことは知っていましたが、日本の問屋さんで仕入れるより確実に安いと思います。特に、デパートなどで売られている中国製の健康食品などは目を引きました。また、人気の茶葉なども量が多くて安いです。

ユニクロが繊維業界で成功したように、衣類関連の商品も価格が安く、また、衣類工場は日本の小さな会社相手でも衣類の生産に応じてくれる所も多いようです。原料費と人権費が安いだけに、自分が生産したい衣類のメーカの商品を持っていき、これと似た感じのものを作ってほしいとリクエストすれば作ってくれると思います。コピー商品を作るのには大変慣れているようです。私も、友人とお金を出しあい、ナイキのコピー商品のようなTシヤッを作ってもらいました。

1枚の製作費は日本円で40円程でした。生地の素材もよく、できた商品も満足いくものでした。実際に注文した数よりも多く送られてきましたが、その工場では生地の原料を自家生産しているので見積もりの時に出された値段で実際より多く生産できたということでした。最初に工場に案内された時は、こんな大きな工場が自分たちを相手にしてくれるかどうか不安でしたが、社長さんは「どんな物でもつくりよます」と力強く言ってくれました。ユニクロの商品のコピーを作るのも難しくはないようです。ユニクロがフリースを売って、話題を呼びましたが、原料はかなり安いようです。数百万円から一度きりの注文を受けてくれる工場もあります。商談は英語で行いました。それから、ナイキ、POLO、TOMMYBOSS、アディダスといったブランドのコピー商品は、北京市の秀水市場でよく見かけました。最も多いのはナイキです。ブランドのタグをつけ異常に安い商品が販売されています。本物と見分けがつかない作りです。の手の商品はメーカーの下請け工場からの「横流れ品」です。}
シューズをつくる素材はメーカー手配ですが、不良品率も考えて、多めに素材が工場へ手配されます。
そこであまった素材で余分に作り、それが裏ルートで流通するのです。工場も素材もメーカー指定ですので、作りは正規品と同じです。このケースが多いのが中国です。中国からの横流れ品が香港に流れて、日本の並行輸入業者が安く仕入れているのです。このパターンでよく問題になるのはアディダスの定番商品などですまた、パソコン関連の電化製品も日本と比べて安価です。ワイヤレスのマウスなど日本で3千から四千円台で売られている商品が1千円以下で売られていたり、やたらと高性能のパソコンや高価なソフトのコピーも多く売られています。
パソコン関係の部品なども安く、秋葉原などで買うよりも安く、自作パソコンが普通になってきているので、部品の知識があれば、かなりの儲けをだせます。私もCPU関連の商品(日本では2万円程度)を3千円ほどで買ってきましてオークションで1万2千円ぐらいで売りました。

中国のコンピュータ関連の技術などはすばらしく、台湾と並びすぐれた技術を持っています。以前はアジアでは、日本が1番と言われていましたが、現在は、中d曹ゥ台湾と言われています。
海外のコンピュータ製品のコピーを製作する技術にも大変すぐれています。取り締まりも厳しくないようです

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ1へ

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ3へ