ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ3 | 裏情報を暴露!

楽して稼ぐ方法を暴露!マジであるんです!

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ3

◆イタリアブランド品を買う場合は、正規の直営店で買うのが安心と書きましたが、実際に海外(特にヨーロッパ)に行って買い付けてくるとなると、それだけで旅費や滞在費、時間までもが費やされてしまいます 。
日本人だと海外ではバイヤーとして嫌われ、購入制限などで思うように商品を購入できないのが実情です。
もし、海外で問屋さんのような役割をしてくれて、なおかつ本物を扱っているところはないかと思うものです。
そして、実際にそのような日本のブランド人気に目をつけて日本人向けの問屋のようなことをしているところが存在しています。私の経験からすると、ブランドメーカーの本拠地であるフランスよりもイタリアに多いと思います。イタリアの問屋は個人にも売ってくれるところが多いと思います。
また、偽物も売られてはいますが数が少なく、偽物は偽物として堂々と売られています。日本のようにやたらとブランド品にこだわらないようです。ただ、まったく偽物がないというわけではないので気をつけてください。また、日本人の居住者や留学生がブランド品を買い付けるアルバイトをしている例も少なくありません。イタリアの日本系の雑誌や新聞もありますので、広告を出してみるのもいいと思います。ただ、日本人にたいしてはパスポートの提出を求めたりするところも多いので、現地のイタリア人に頼むほうが安心ではありますが。また、日本でもアウトレット商品が人気があるように、ヨーロッパでもアウトレット商品の人気が高くイタリアでもイタリア流通業のお家芸である「横流し」もエスカレートしています。
メーカー自身も取り締まりを強化していて、この取締りを逃れるために商品を東欧諸国に売り流している現状です。
その中でもエストニアには、イタリアはもちろんのことフランスの有名ブランドの布地までもが流れているようです。
もちろん全て正真正銘の本物です。
また、プラダのフランチャイズ特約店については、日本国内では認められていませんが、ヨーロッパでフランチャイズショップが存在しています。直営店と違い他のブランドも扱っています。
商品は本物ですが、ギャランティカードにショップ名等スタンプは押さないのが普通のようです。
日本で売られているプラダはよく安売りされていますが、本物であれば、あのような安売りは不可能なので、偽物と考えたほうがいいと思います。プラダとグッチには特に気をつけてください。それから、日本人向けのアウトレットモールを紹介します。イタリアの国境を越えてスイスになってしまうのですが、フォックスタウンという所です。
プロジェンコ社という会社が日本人向けのツアーを行っています。
入ってるブランドはグッチ、フェラガモ等からナイキ、アディダスのスポーツブランド、それから家庭用品までかなり種類が豊富です。

フォックスタウン()イタリア貿易振興会情報 通訳 翻訳
(http://www.aliseo.com/japanese/index_j.htm)
(http://sky.zero.ad.jp/~zaf93936/index.htm )

◆フランスルイヴィトン、エルメスなどの日本で人気の有名ブランドの本店が建ち並び、開店前から行列ができています。
購入制限があり、クレジットカードなどで購入者の名前を記録しているので、バイヤーにとっては商品を購入するのが大変です。ですから、パリで、ルイヴィトン、エルメスなどのブランド品を買うアルバイトを募集するのです。
日本人向けの新聞や張り紙広告で「アルバイト募集!いつでもできます」と書いてあります。ですから、並んでいる人はかなりの割合でアルバイトなのです。私もフランスの日本系のホームページに広告を出したところ、すぐに日本人居住者から連絡がきました。
彼ら、居住者からフランス人にと輪のようなものが広がり私も、ルイヴィトン、エルメスなどのブランド品を並行輸入していました。まず、広告などを出して返事がきたら、国際電話で実際に話しをします。

相手に購入してもらい、商品が実際にこちらに届いてから料金を支払うことになるので、信用が大事です。
しっかりとした信頼関係を築くことができれば、日本未発売のレア物などが手に入り、高値で取引されます。
日本のブランドショップも、現地で買い付けてきましたなどと言っていますが、ほとんどがこの方法を使っていると思います。また、買い付けのアルバイトを雑誌などで募集しているところもありますが、何百万も商品を購入して、日本に送り、帰ってきたら、その住所には誰もいなくなっていて支払いだけが残るということがあるので気を付けてください。
あと、よく言われている海外の店の定員についてですが、私の体験からいくと、かなり悪いと言うしかありません。
日本人的な「お客様は神様です」ということはなく、お店のほうが神様という感じのとこが多いように思います。
エルメスなどは、服装を見ます。そして、店にそぐわない服装だと追い出されてしまいます。
また、ルイヴィトンで買い物をしていた夫婦の話ですが、先に買い物を済ませた奥さんが、旦那さんに、「これのほうがいいわ!」とアドバイスをして、違う商品を買うように薦めたところ、定員は、バイヤーと思い込み、急に態度を変えて、その夫婦を店から追い出したのを見たことがありました。
日本人から見ると、ちょっと理解がしずらい光景でした。まあ、お客の大半がバイヤーですので仕方がないかもしれないのですが。

◆アメリカ日本のように、街を歩けばブランド品を持った人を見かれるということはアメリカではありません。
世界中で最もブランド品を持ち歩いている人を見かけるのは日本だと思います。
特にルイヴィトンは見かけない日はありません。日本では、大人気のヴィトンですが、アメリカでは、あまり人気がないようです。ヨーロッパのほうが価格が安いのですが、限定品やプレミア品を購入する場合はアメリカのほうが良いと思います。
私も何度かアメリカを訪れましたが、日本では売り切れてない商品でもアメリカのお店ならばカタログを見せて「これありませんか?」と言えば、奥から商品を出してきてくれます。
日本では最近は予約を受け付けて、抽選で販売をすることが多いようですが日本やヨーロッパなどで手にはいらない商品がアメリカでは手にいれることができるでしょう。
バイヤーや旅行者は安く買うことだけに目がいっているようですが、ヨーロッパほど安くはなくても、人気商品であればかなりの値段が付きます。人気があまりないと言いましたが、出店数は100店舗近くにのぼります。最も大きいのはロサンゼルスのロデオ店がアメリカ最大だと思います。日本との価格さはあまりなく州税や皮製品に掛けられる、高い関税のせいでバイヤーは見向きもしないという感じがします。
ヨーロッパのような行列や購入制限もなく、ゆっくり購入できます。私は、限定品をたくさん買いましたが、嫌な顔もまったくされませんでした。ヨーロッパであれば、すぐに追い出されているでしょう。限定商品なので、すぐに高値で落札されました。
アメリカで購入しても採算がとれると思います。また、アメリカだけの限定商品(北米限定)もあります。
ヨーロッパから原料を輸入してアメリカのデザイナーが製作しています。皮革製ハンドバックとしてヨーロッパから輸入した場合のアメリカの関税が高いので、材料として輸入しているようです。
フランス製は天然なめしに対して、アメリカは化学薬品でのなめしです。使用していく間にアメ色に変わっていくのはフランス製で初めのいろが少し濃い目であまり時間が経過してもアメ色になりにくいものがアメリカ製のヌメ革です。アメリカが生んだヒット商品が「バケツ」です。
日本の女性たちも「アメヴィトンのバケツが欲しい」と当時は並行輸入屋さんにリクエストがたくさん入ったそうです。

私はルイヴィトンが主催する国際ヨットレース「ルイヴィトンカップ」のアメリカ限定のバックを11万でdw入して、日本でコレクターに27万円で売ることができました。シャネルもアメリカ限定の商品を数多く販売しています。
バックや小物だけではなく香水などのコスメ商品もアメリカ限定があります。また免税店についてですが、アメリカの免税店にはルイヴィトンがない店が多いと思います。シャネルはアメリカでも人気が高いので数は多いのですが、ヴィトンは少ないようです。また、ネット通販に関しては、ヨーロッパよりも信頼できます。
アメリカは訴訟の国といわれ、法律などの条項などに大変敏感なようです。ネットで注文した商品は確実に届きますし、海外の配送にもなれていますし、商品が足りなかたた場合は後から送ってくれ、その時に係る送料は相手が持ってくれます。
ヨーロッパのヴィトンなどは返品になかなか応じませんが、アメリカではちゃんと返品に応じていただけます。
また、日本で人気のある古着の仕入れ先もアメリカです。日本の人たちが大量に古着を買っています。
アメリカでは価値のあまりないジーンズが日本では、大変な高値になるのですから、アメリカ人からすれば不思議な光景だと思います。古着の知識があれば、アメリカで仕入れるのが1番いいと思います。ほとんど、ただ同然の物が結構な値段になるのですから。また、アウトレットも数多く出店されています。

ヨーロッパのブランドは少ないのですが、ナイキなどのアメリカブランドが安く手にはいります。日本とはサイズの表記が違うので気をつけてください。

◆韓国韓国でのカジュアルファッションの震源地は「東大門市場」です。基本的にこの市場はカジュアルなファッションを中心に取り扱うメーカー、卸業者が数万軒集まっているスペースで、卸業者が中心という事もありオープンは夜の7時、8時ごろ、そして混雑のピークは深夜の1時、2時というちょっと特殊なエリアともいえます。
日本のバイヤーも多く詰めかけいて、日本語の看板やポップなどもそこここに見受けることが出来ます。
もちろん一般の人でも購入は可能ですし、ラインナップもかなり面白そうな洋服や小物なんかが揃っています。
さらに、まとめ買いすると値段交渉で大幅な値引も期待できるので、ソウルに行く機会があれば是非覗いてみたいエリアですまた、韓国のアウトレット街は、文井洞(ムンジョンドン)という場所です。
韓国の有名ブランド製品が50~70%オフで購入できるとあって、韓国の若者に人気です。中には海外ブランドのアウトレットも。

DKNY、ベルサーチ、BOSS、FILAなど日本でも人気の製品も販売されています。メーカーの100%保証付きです。
京東市場は韓国の薬剤がずらりと並ぶ、韓国最大の薬剤市場です。
主に漢方に使う薬剤と野菜、薬味類を扱うお店が1000店以上ひしめきあっています。3000種類を超える様々な薬草を売っていますが、高麗人参は300軒あまりの店で扱っています。
長漢坪古美術品商店街は東洋最大の骨董品市場として知られる長漢坪は、アンティーク好きの人には要チェックのところ。150軒以上立ち並ぶ店には、新羅土器、高麗青磁、朝鮮白磁書画、家具などアンティーク品がずらりと並んでいます。
龍山電子商街は東京の秋葉原に該当する場所です。5000軒を超える店が並ぶこのショッピングエリアには、コンピューター関連のショップ以外にもオーディオ、電化製品、ゲーム関連、事務用機器の店が入っています。特に土曜の午後は、コンピュータ関連の部品が安く手に入る土用市が開かれています。

明洞はソウルの中心地にあって「ソウルの新宿」と呼ばれています。周囲には南大門市場をはじめ、ロッテ、新世界メトロ・ミドパといった百貨店が集中する抜群のショッピング・ロケーション。ソウル一の繁華街明洞はいつもに人であふれています。明洞には一流ブランドのブティックからカジュアルなデザイン・ブティックかばん、アクセサリー、輸入衣料、スポーツ用品専門店、化粧品のディスカウントショップといった様々なファッション店舗がひしめいています1Bそして、江南の狎鴎亭は韓国一ハイセンスなエリア個性的かつ流行に敏感なソウルファッションの発信地。現代百貨店ギャラリア百貨店もこの地域にあります。韓国デザイナーズ・ブティックのメーカとして知られ、世界的に有名な韓国ファッション界、デザイナーの作品が手ごろな値段で購入できます。また、このエリアは高級輸入品ブランド店も勢揃い。
アルマーニ、トラサルディ、エスカーダ、カルバンクライン、プラダ、グッチなどの有名なブランド品が日本よりもずーと安い値段で購入できるとあって、最近この地域を訪れる日本人観光客が増えています。

ギャラリア百貨店の別館はインポートブランド館になっています。こうしたブランド店が立ち並ぶ中にはブランドディスカウント店やアウトレットもあって人気を呼んでいます。

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ2へ

ヤフーオークションで稼ぐ方法ページ4へ