簡単!1日100万円!これは無理って思っただけでも返金 | 裏情報を暴露!

楽して稼ぐ方法を暴露!マジであるんです!

簡単!1日100万円!これは無理って思っただけでも返金

現在お金に悩みがある方は大変多く自己破産や、 自殺数は前年過去最多を記録しております。
お金の悩みは人に言えないもので、住宅ローンや金融業者の借金に追われる毎日を過ごしております。
安全な金融業者というのは少ないもので、金利10%でも実際100%を越えているケースが多く、テレビなどでよく取り上げられております。
そのせいか金融業者に不信を持っている方がとても多く、小額な貸し入れでもなかなかためらってしまう方が多いようです。
皆様も給料日前でお金がないとき、数万円など少ない金額が必要になることが良くあると思います。
また、金融業者の返済時期にたくさんの金額が必要になることも多いと思います。
しかし、いくらお金が必要であってもこの世の中で安全な消費者金融を探すことは困難を極めており、まっとうな消費者金融でも社会上の不信から借りることが出来ないケースも多いです。

安全にお金を手に入れるにはどうしたら良いのか?

そういった方のお手伝いをするのがこの情報です。
その方法はいたってシンプルで、お金に困っている方を募集し、インターネットで申し込んでいただき、佐川のe-コレクトで代金引換便を発送し、クレジットカードで支払っていただくのです。
そのお金を消費者の口座に振り込み、手数料を頂くのです。
当方自身ではシンプルといっておりますが、多少システムを理解していただくまで時間がかかるかもしれません。

最後までお読みください。

つまり、ショッピング枠の換金を目的のクライアントが注文します。
注文後、クレジット決済代引きで何か商品を発送いたします。
その際は佐川急便のクレジット決済代引きを使用して頂きます。
最短2日で自分の口座に振り込まれますので、手数料を引いてクライアントに振り込みます。

手順としては、レジット決済代行業務を行なっている佐川急便でeコレクトサービスを申し込みます。
営業の人から申込書をもらって記入して出すだけで申し込みが完了です。
個人でも簡単に無料で開設できます。
扱い商品を聞かれますがPCパーツ・ソフトウェアや機械部品など小さくても高額な物がいいです。
佐川急便がクレジット決済を代行してくれて指定した口座へ代金を振り込んでくれます。
ただ、違法性はないものの佐川はこの方法での口座開設を禁止しております。
そのため、開設する際はビジネスの仕組みはいわないで下さい。

次はHPを開設します。
商用可能な無料サーバーを活用してください。
FC2WEBなどがお勧めです。

当方の会社ではありませんが、
http://dream4711.fc2web.com/
などがあります。

次に宣伝方法です。
メールマガジンや商用掲示板、その他普通の掲示板への書き込みが最適です。
一括書き込みソフトなどがあるならそれも良いのです。
ただし、DMはやらないことをお勧めします。
近年、メールの普及率が上がりましたが、DMは効果的な宣伝でないことが参考各書や雑誌にて取り上げられております。
経験上からも高いお金がかかりますし、信頼出来るDM業者探しに手間がかかりますので、最初はやる必要はないでしょう。
では、何が良いのか?それはオフラインでの広告活動です。
ポスティングや口コミです。
なんとこれが一番効果的なのです。
HPの観覧理由はこれが大部分を占めております。
たとえば、近所のスーパーがセールを行うとすると、皆様はその情報をどうやって手に入れるか?
DMで情報を手にいいれるわけはありません。
ほとんどがチラシです。
現在、中小企業の宣伝方法の多くは、口コミとチラシです。
具体的に説明いたしますと、メリットを詰め込んだ用紙をコピーしポスティング作業を行います。
自宅コピーで出来ないと思う方もいるかもしれませんが、白黒コピーの場合、最近のコピー機ですと、インク代を含めて1~3円でコピーできます。
口コミは大企業も行うものです。
これを行うことは難しいのですが、最近のファッション業界などは渋谷の女子高生などにお金を払い、口コミにて宣伝を行っているそうです。
このビジネスの可能性は無限大です。
チラシを配ってもらう人を募集して、完全出来高で1人顧客があれば利益を配当します。こうすることで全国からクライアントを得ることが出来てしまいます。
チラシを配ってもらう人を募集するという作業を、難しく考える人もおりますが、
掲示板で募ったりなど簡単に集められます。
3人ほど集まれば、彼らが勝手に宣伝活動を行いますので、発送と集計という数分程度の作業で日収3万円以上が可能になります。
ここまで、お読み頂ければ分かると思いますが、この方法での収入は無限大です。
消費者金融を一度ご使用いただいた方には分かると思いますが、消費者金融は表面だけがよく裏では取立てで暗躍しております。
そんな時代の中、この安全な方法は必ず世に受け入れられます。
宣伝の際はこの方法にいかにメリットがあるかを伝えることです。
次に違法性がないかに関してご説明いたします。

代引きにて商品を発送する際、何か形のある
(ただし新品が良いです。中古品ですと古物免許がなければいけません。)

商品を送らなければなりません。

この方法は不当景品類及び不当表示防止法という法律のもれなく形に該当しております。そのため、現金ならキャッシュバックとして取引額の10%を提供することが認められております。

そのためには、何か物のやり取りがなければなりません。

また、5万円ですとか10万円ですとか小額ですと、まだ問題はないのですが、
30万円といったお取引になりますと、法律上明文化されていないのですが、クライアントはお金を目的としている為、数百円程度の商品では売買契約と解釈されない可能性があります。
その際は、クレジット決済にて振り込まれた後、
クライアントの口座にお金を振り込むのではなく、商品券を送ったほうが良い場合があります。商品券には金券法でお金としての価値があると定められておりますので、問題がなくなります。30万円を基準として以上の方法をとってください。

1度読んでいただいただけでは、このシステムが良く分からないかもしれません。
何度も読み返すことが肝心です。
そうすることで、メリット・可能性が分かってくるかと思います。
皆様に、確実に儲かる副業のチャンスを差し上げました。
このチャンスをどういかすかは皆様次第です。

こちらより今回落札させていただきました方々への特典です。
少し複雑で分からないといった方や、何をすれば良いのかといった方々が多数いらっしゃると思います。
そういった方々のためにステップ形式にてご説明いたします。
この説明だけでは至らない点などあるかもしれませんので、分からないことがございましたらメールにてご質問ください。

step1

佐川急便に申し込んでe-コレクトの口座を開設します。
その際書類を提出する必要がありますが、セールスドライバーから書類を届けてもらい、必要情報を記載して提出するだけです。
出品場所はヤフーオークションでの販売と普通に答えて大丈夫です。
その際、扱う商品を書く必要がありますので、小さくても高額なもの、例えば陶器ですとかICチップなどが良いです。
当方の場合はコップを代価の商品として送っていました。
陶器は小さくてもとても高額なものが多いためです。
ご参考下さい。

step2

step1と同時作業でホームページを作成しましょう。
当方が使用していたものは現在、契約会社との契約が切れてお見せすることが出来ませんが、

などをご参考ください。
信用性のない文章や、分かりにくいものですとクライアントは集まりません。

step3

ホームページが完成しても宣伝をしなければまったく効果がありません。
先ほども説明いたしましたが、一番有効的な方法はビラ配りです。
先日落札した方で自分のマンション(住居人20名程度)に手書きのチラシを配っただけで配ったと言い張っている方がおりましたが、それでは何の効果もないことはお分かりいただけると思います。
やはり、手数が必要です。もちろん、これを自分でやる必要はありません。資本主義社会において人というものはすべてお金で動きます。
報酬を支払うことを前提に、全国からインターネットを使い配ってくれる人を集めれば、簡単に配っていただけます。
始めは自分で配ってコツをつかむのも良いのですが、
ヤフーオークションの過去の取引相手や、新しく募って配ってもらえば簡単に全国からクライアントが集まります。
その際の収入は、1枚に付きいくらではなくてその人の配ったチラシを見て、申し込んだ人の必要額3%などとすると良いでしょう。
あらかじめ、配ってもらうチラシにそれぞれ番号を書いておりて、
作成した申し込みフォームに番号を書く欄を作成して、クライアントに記入して誰が配ったものかを確認する方法が良いでしょう。

step4

step3において重要なのはチラシの作成です。
申し訳ないのですが、チラシの文章を具体的にご提供することは出来ません。
なぜなら、当方の作成した文章を使用して配っていただき、何かクレームや申し込みがこなかった場合など、当方の文章のせいだ・・・
と言われてしまえばそれまでで、責任が取れないからです。こちらに関しましては、上記のホームページをご参照いただいた上で作成してください。

step5

さて、依頼が来たからといって安心してはいけません。
取引金額が30万円以下でしたら、通常通り代価商品の発送後口座への入金でよいのですが、30万円を超えたお取引になりますと、法律上明文化されていないのですが、クライアントはお金を目的としている為、数百円程度の商品では売買契約と解釈されない可能性があります。その際は、クレジット決済にて振り込まれた後、クライアントの口座にお金を振り込むのではなく、商品券を送ったほうが良い場合があります。商品券には金券法でお金としての価値があると定められておりますので、問題がなくなります。30万円を基準として以上の方法をとってください。